新卒採用 ENTRYはこちら
中途採用 ENTRYはこちら

社員紹介

社員紹介 の背景画像

H.Y.さんの写真

目標達成は当たり前。大切なのは+αをどれだけ出せるか。

ソリューション営業/2015年入社

H.Y.さん中途入社

H.Y.さんの写真

目標達成は当たり前。大切なのは+αをどれだけ出せるか。

ソリューション営業/2015年入社

H.Y.さん中途入社

この人がいる会社で働きたい。

前職は大手証券会社のリテール営業。個人の富裕層向けに金融商品の営業をしていました。金融業界では浮き沈みの激しい商品も多く、しかも、コンシューマ営業では、時に提案力よりも顧客の感情や関係性が勝ります。自分の提案力を鍛えるために、業種は問わず、法人営業を経験したいと思ったことが転職のきっかけでした。ソニービズネットワークスに決めたのは、事業が安定したインフラサービスであることはもちろんですが、実は大きな理由がありました。面接担当と出会い、この人と一緒に働きたいと思ったことです。他にもいくつか内定をいただいた企業がありましたが、私も面接に際しては、一緒に働く人として面接者の人柄を見ていました。ソニービズネットワークスの面接担当は、面接ですべてを正直に話してくれました。こちらが不安に思うであろうことも洗いざらい。わからないこともごまかさずに、わからないこととして。きれいごとだけではなく、正直に話してくれたその姿に感銘を受けたのです。入社後も、面接担当を通して感じた会社の雰囲気にギャップはありません。社内には、素直に聞けばなんでも教えてくれる先輩たちがいます。悩んでいる時には、様々な視点からアドバイスがもらえます。前職と比べると、上下間の距離はだいぶ縮まり風通しの良さを感じています。また、これまでIT系の企業銘柄を取り扱うことはあっても、ITの知識はまったくなかった私ですが、知識は自分の努力次第でいくらでも身につけられると思っていたので不安はありませんでした。覚悟を決めて入社したつもりです。

H.Y.さんの写真
社員紹介 の背景画像

粘り強さからうまれた、
初契約。

入社して5ヶ月。最近は連続して営業目標達成中ですが、決して最初から順調だったわけではありません。同期入社した同僚が早々に初受注を上げるなか、自分にだけ結果が出ませんでした。焦りはつのりましたが、上司からは「お前のやっていることは間違っていない。焦らないで大丈夫。続ければ結果は出る」と心強い言葉をもらいました。心機一転、アプローチ先選定から見直しました。ニーズある企業を想定してのリストアップ。実際に動くことで検証し、精度を上げていきました。先輩たちの動向を見ていると、映像系の会社で受注率が高いことに気づきます。私も、アニメーション関連の会社をリストアップして動きました。先輩や上司の提案や話し方を真似しながら自分のスタイルを探ります。そして、待望の初契約は、粘り強さから生まれました。その取引先は、自分でリストアップしてアプローチをはじめたアニメ制作会社の一つ。電話でアプローチした際、困っているという言葉を聞いて、すぐに向かいました。通常は、お客さまからニーズを伺うことは少ないのです。営業の一歩は、隠れているニーズを引き出すこと。お客さまにも把握しきれていないニーズをイチから掘り起こすことに比べれば、まだ運は残っていたようです。その日は、入社2ヶ月目の最終日前。今日も契約見込みがなければ、また受注なしの月が続くという切羽詰まった状況です。それでも、最後まであきらめるわけにはいきません。そして、初商談に伺った翌日、申し込みをいただくことができました。ロスタイムのVゴールです。

H.Y.さんの写真

まず先に精度を上げて、行動の絶対量を増やす。

先月、見込みベースで目標数字が積み上がってきました。半期の目標も十分に見込める状況です。ところが、月後半に入って、稟議が通らない案件が出てしまいました。このままでは、目標が達成できません。でも、元来が負けず嫌いな性格です。リストをつくって新たな見込みづくりのための再アプローチを開始しました。一度訪問したお客さまに、新しい施策を持って再訪問。あきらめずに粘り強く足を運んだ結果、達成することができました。私は、営業である以上、目標を達成するのは最低限のこと。そこからいかにプラスαを出せるかが大切だと思っています。前職では、数をこなせと言われてきました。いつの間にか、一日400件電話したり、100件飛び込みをしたりすることが当たり前になっていました。

絶対量を増やせばなんとかなるだろうという世界だったのです。ソニービズネットワークスでは、業務は効率化すべきだと考えます。量を増やすか、確率を上げるか。同じ結果に辿り着くのであれば、確率を上げた方が有効な時間が増えるはずです。確率を上げ、そこから量を上げていけばさらに良い結果につながる。成果を出している先輩たちを見て、その行動を学びました。先輩たちの事例から自分に合うスタイルを見つけ出し、いいとこ取りをする気持ちです。自分を成長させる何かを見つける作業を繰り返すこと。それは大切な作業です。どんな人でも、常に工夫を続けないと壁に当たってしまうのです。

任される役割に、評価の早さを感じています。

同じ中途入社の仲間として迎えるなら、素直な人、負けず嫌いな人を歓迎します。自分の場合は、個人営業から法人営業へのチャレンジでしたが、法人営業は個人営業と比べてやりやすいと感じています。また、個人営業の場合は顧客の気分で契約がとれる場合もありますが、法人営業の場合は、やはりきっちりとした裏づけが必要になってくる点などの違いもあります。早い時期から責任ある役割を担わせてくれるソニービズネットワークスは、成長したい人には魅力的な会社です。そして、取り組むことになるネットワークのインフラ回りは、お客さまへの影響力が大きい仕事。商談自体におもしろさを日々感じています。サービスの利用を開始したお客さまから「絶好調すぎて怖いぐらい」とお褒めの言葉をいただいたり、信頼していただき、新しくお客さまをご紹介いただけたときなどやりがいを感じています。自分自身、今は、ようやく仕事に慣れてきた段階。まだ自分のことだけで手一杯でわからないことも多いですが、これからは後輩の指導など、組織全体の底上げにも貢献したいと思います。自分なりの社会人経験などを周囲に伝えて、少しずつ良い影響を与えられる存在になりたい。今月からは、中途新人社員の教育係に任命され、メンバーのまとめ役としての役割も期待されています。5年、10年というスパンでの目標は、組織を動かせるような立場に就いていることですが、まずは、早い段階から自分のステージアップを目指します。これからは、チームリーダーに、部をまとめる存在にと、マネージメントの勉強が必要ですね。

H.Y.さんの写真