新卒採用 ENTRYはこちら
中途採用 ENTRYはこちら

社員紹介

社員紹介 の背景画像

S.T.さんの写真

ITの知識がなくても、
素直に動いてここまでできた。

ソリューション営業/2014年入社

S.T.さん新卒入社

社員紹介 の背景画像

ITの知識がなくても、
素直に動いてここまでできた。

ソリューション営業/2014年入社

S.T.さん新卒入社

楽しさを開拓すること、
得意なんです。

私は新卒第二期入社ですが、当時はNUROのテレビCMも流れており、会社に勢いを感じました。就活ではIT系を志向していたものの、学生時代の専攻は全くの別分野。ITに関する基礎知識もないままに興味だけで飛び込みました。ここでがんばれば新しいことを吸収できると思ったのです。入社してみると、毎日新しいことが迫ってきて、昨日通用したことが今日はもう通用しないというスピード感。ぼんやりしていると取り残されるという危機意識で夢中で突っ走りました。大変な毎日を乗り切れたのは「嫌いなこと」をつくらない性分のせいかもしれません。辛いことがあっても、ゲームのように受け止めるようにしています。一つ一つクリアしていくことを「楽しんでしまえ」と思えるんです。例えば、営業ですから目標へのプレッシャーはつきものです。でも、目標達成に不安を感じるということは、自分の行動量や案件の積み上げに自信がないから。ならば、自信が持てるまで行動量を増やして不安を乗り越えてしまおう、という発想です。自分で一から開拓する法人営業も、普通の企業なら新人がいきなり訪問できないような有名企業にアプローチできるチャンスがある。自分で行きたい会社や業界を選んで足を運べる。と、考えれば、毎日がエキサイティングになってモチベーションも上がります。

S.T.さんの写真
社員紹介 の背景画像

自分だからできることって、
何だろう。

ITの知識もなく、商談の仕方もわからなかった自分が、今では契約をいただけるまでになった。振り返れば成長できた手応えしかありません。なかでも印象に残っている案件は、全国に拠点を持つ、ある産業用機械の商社様へのアプローチです。電話でアポイントをいただいた段階ではまったくといっていいほど感触がありませんでした。効率を考えて、他に時間を割くという選択もあったでしょう。でも、実際に話を交わすまでは判断したくなかった。何度か足を運んで本社のご担当者にサービスのご紹介、提案をしていると、その過程で拠点への提案に先方が興味を示してくれました。隠れたニーズがあったのです。各営業拠点のネットワークは、拠点ごとの判断だから本社で手を付けることはできないだろう。そう思っていましたが、サービス内容が本社のご担当者を揺さぶり、各営業所に展開が広がったのです。一気に、全国7カ所の拠点を結ぶネットワークシステムの契約。先入観で決めつける前に、しっかりとヒアリングをして、表面化していないお客様のニーズや課題を確認することの重要性を学びました。自分がうまく行っているとすれば、成功要因は、好奇心旺盛なところでしょうか。定型文だけのアプローチはしたくないんです。前もって情報収集して、自分ならどんな提案ができるかを考える。考えている過程を楽しんでいます。お客様から「よく業界情報を知ってるね」と、言葉をもらえるのは励みになります。そこから話が広がったり、最新情報の話題で代表者の方との話が深まったり。信頼をいただけるパートナーとして認めていただくには、パンフレットにある情報以外のものを提供できなければ、と思っています。

S.T.さんの写真

毎日が、自分の成長につながる場所です。

後輩として歓迎するのは、好奇心の強い方。仕事に対する先入観は持たないほうがいいのではないでしょうか。固定観念があると、変化のスピードに対応できなくなってしまいます。大切なのは、謙虚に周囲の言葉に耳を傾け、求められる役割の本質を理解すること。結果は自ずとついてきます。営業に決まったパターンはありません。私も、絶えずちがうアプローチにトライして、変わることに躊躇しないようにしています。実は、しばらく順調だったのに、突然うまく行かなくなった時期がありました。今までと同じようにやっているのに何故だろう。周囲にも相談してわかったことは、同じやり方に頼ってばかりじゃ成長しないということでした。今、順調だからと工夫することを怠けてしまったら、簡単に壁にぶつかる時が来るのです。それ以来、先輩方の案件への取り組みを良く見ています。どんなアプローチをしているのか、営業展開はどんな段取りなのか、勉強することはたくさんあります。よく相談もします。今の自分の動きは大丈夫だろうかと、客観的な意見をいただきます。自分に足りないものは、自分では気づきにくいものですから。上下の序列を意識せずに話ができる先輩方の存在と、気軽に休日やプライベートの話もできる環境こそ、私が一番大切にしたいソニービズネットワークスならではの風土です。

S.T.さんの写真