新卒採用 ENTRYはこちら
中途採用 ENTRYはこちら

社員紹介

社員紹介 の背景画像

N.S.さんの写真

社名変更で知った、
「当たり前」を支えていく大切さ。

管理本部 管理部/2016年入社

N.S.さん新卒入社

N.S.さんの写真

社名変更で知った、
「当たり前」を支えていく大切さ。

管理本部 管理部/2016年入社

N.S.さん新卒入社

自分の意見が言える場所。
直感的な出会いでした。

就活では、若手・ベテラン関係なく意見が言え、若いうちから活躍するチャンスがある会社を探していました。ソニービズネットワークスの説明会に参加して、社風の心地良さと、頑張った分だけ上に行ける評価制度に魅力を感じました。説明会でも、柔らかな雰囲気の中で人事の方や営業の方の話を聞くことができて、直感的に、「働くなら、この会社が良い」と感じ、他社の選考はやめて一本に絞りました。 営業部への配属かと思っていましたが、配属されたのは管理部門での採用担当。最近まで学生だった私が、いきなり新卒採用の面接官を担当することになったのです。しかし、これは他社では絶対に経験できない事。本当に若手にも仕事を任せてくれるんだ。私は信頼されているぞ。といった充実感でいっぱいでした。管理部門はどの部署の社員ともダイレクトに関わることが必要で、コミュニケーションを取っていくことが求められます。時には、社長から業務を任される事もあり、1年後には、社内に知らない人はいなくなりました。でも、当初は本当に力不足。先輩たちは細かい仕事まで抱えているのに、新米の私は肩代わりすることもできません。もっと私がサポートできればいいのにと、自分の未熟さを歯がゆく思っていました。

N.S.さんの写真
社員紹介 の背景画像

手探りチャレンジの一大イベント、社名変更。

入社して半年後には採用業務から総務に。名刺発注や、パソコン、携帯電話などの資産管理、筆記用具など備品類の発注など、バックヤードで営業を支える総務のお仕事は多彩で細かいため、同じ部署に先輩・上司はいるものの、それぞれが別の仕事を担当しています。私の業務は私が動かなければ進まないのです。私にしか出来ない仕事を任され、それが1つの成長のようで嬉しかったことを覚えています。 入社以来、最も大きな経験になったのは、社名変更に伴うイレギュラーな業務。歴史ある企業であっても、社名変更なんてタイミングは滅多に遭遇できないチャンスでしょう。浮き足立つような、ワクワクするような不思議な感覚で業務は進んでいきました。どんな場所や備品類にロゴマークやブランドマークが使われているかを調べて、状況を把握することから仕事を始めました。社員証の作り直し、名刺や封筒類の刷り直しなど、順次、切り替えていく地道な作業が必要です。やっと進められたと思ったら、社外の担当から差し戻されてやり直しなんてことも。距離の近い社内だけでは完結できないもどかしさを抱えながら、一方では社名変更には4月1日というタイムリミットもあります。間に合わせるための調整業務が大変でした。

N.S.さんの写真

成長企業だから味わえるワクワク感、あります。

特に苦労したのは、社外の様々な人とも関わって進む業務の為、自分がこうしたいというスピードで上手く進められなかった事。普段の業務は、自分で自分の進捗管理をするだけで完結できる仕事をしてきたので、多くの方との連携することで、思ったようなスピード感で進められない事に戸惑いました。やらなきゃいけないことが次々に出てきて大変でしたが、これも他社では決してできない経験。みんなで初めてのことに挑むワクワク感に、やる気がみなぎりました。成長企業だからできる新たな挑戦は、これからもたくさんあるんじゃないでしょうか。
最後の仕上げとして、エントランスの社名看板の取替え工事にも立会いました。昔のロゴが外されるのを見るのはちょっと寂しかったですね。

けど、新たな社名とソニーのロゴが取り付けられた瞬間は感動と達成感でいっぱいでした。社名変更の進捗状況に関しては、上司がいつも気にかけてくれました。私は詰まっていることがあると、自分ではわからないんですが、なんだか顔に出ているらしいんですよ。そんな時は上司や先輩方が気づいてくれて「一緒にランチ行こうよ」と声をかけてくれます。話しやすい場を設けてくれるんです。普段のお昼はお弁当派なんですが、そんな時はお弁当を持たずに外出して先輩たちに話を聞いてもらいました。

日常に先回りして「当たり前」をサポートします。

私も、できれば年内にはリーダー職を目指し、下に何名かのメンバーを抱える立場になりたいと思っています。会社の成長に自分も追いつけるよう、自分の仕事の質を高めながら、部下の面倒も見られるような存在になりたいですね。会社もあっという間に100名規模になり、仕事の幅は広がっています。私自身も入社2年目の4月からは、新設されたコミュニケーショングループという様々な部署と連携をし、社内情報の一元化を担当する仕事と兼務することになりました。会社の規模が大きくなり、将来的に営業所が増えてくる時には、総務の業務の幅も想像以上に広がっていくのではないでしょうか。管理部門の仕事は、日常を「当たり前」にする仕事。あれがないとか、ここがうまくいかないとか、社内における日常業務にトラブルが出てくるようではいけません。「これどうなってるの」と問い合わせが出る前に、何事もなくスムーズに。いつも通りの「当たり前」を築いていくことは大切な仕事ですし、やりがいのある仕事です。社員の不便がないように、先回りして手を差し伸べていくこと。それが、私の果たすべき役割。みんなが順調に業務をこなし、明るい社内に元気な笑い声が飛び交っている事、それが私たち管理部門の喜びです。全社員が快適にスムーズに仕事ができる様、毎日の業務に一生懸命に取り組んでいきます。

N.S.さんの写真

※弊社は2017年4月1日(土)付けで社名(商号)を「ソネットビジネスアソシエイツ株式会社」から「ソニービズネットワークス株式会社」に変更致しました。