板橋さん 板橋さん

手間や時間がかかる分、
喜びが大きいパートナー営業

新卒入社 板橋さん 2019年入社 パートナー営業

入社の決め手は働きやすさと社員の人柄

板橋さん

大学の時のゼミの先輩が、銀行や証券関連企業への就職をしていたので、私も漠然とそのような業界に絞って就職活動をしていました。しかし、様々な企業説明会に行き、改めて自分自身がなりたかった社会人像ついて考え、業界を問わずに企業を選ぶことにしました。そんな時に出会ったのがソニービズネットワークス(以下、SBN)でした。社風や社員の方の雰囲気に惹かれ、SBNに興味を持つようになりました。新人でも個人の裁量権の幅が広いこと、ソニーグループとしての基盤もあることに魅力を感じてエントリーしました。また、1次〜4次の面接のたびに事前面談をしてくれるなど、人事の手厚いフォローも入社を決める判断材料の一つになりました。

入社前後で会社に対するギャップはなかったのですが、学生から社会人への変化にとまどいはありました。研修は想像していたよりも密度が濃く、研修期間は多くの学びがありました。徐々に自分の置かれている状況を理解し、環境に慣れたのは入社してから3か月経った頃でした。

板橋さん

手間と時間がかかる分、成約の喜びもひとしお

板橋さん
板橋さん

研修後、私が配属になった部署はお客様に直接サービスを売るのではなく、パートナー企業となる代理店様を担当する部署でした。主な仕事は代理店様の新規開拓と既存の代理店様の活性化。新規開拓をする場合はSBNのサービスを売っていただくとどのようなメリットがあるのかを明確にお伝えし、既存の代理店様にはモチベーションを向上していただけるようなキャンペーン施策を企画する場合もあります。SBNのサービスの良さを伝えるだけでなく、代理店の方に刺さる魅力的なビジネスモデルをご提案する必要があります。

私は代理店の方との関係値を構築するため、メールよりも電話、電話よりも対面でのコミュニケーションを図ることを心がけています。またSBNとお客様の間に代理店の方を挟んでいるため、お問い合わせや質問があった場合は素早く回答するようにしています。代理店の方から「対応が早かった」と評価をいただいた時には、これまでの自分の活動を認めていただけたことに喜びを感じ、自分の成長を実感したのを覚えていますね。直接お客様と関わっている営業の部署とは違い、代理店様経由のため、一つの契約を獲得するまでに手間と時間がかかります。その分、自分が仕掛けた提案が成約につながった時の感動はひとしおです。

代理店に拡販してもらう仕組みづくりを

板橋さん

現在は20〜30ほどの代理店様とのお付き合いがあり、1か月20件以上の受注をいただく場合もあります。月間目標を達成し、急激に処理する業務が増加した時に上司から「初心を忘れないように。1件1件丁寧に進めていこう」という言葉をもらいました。裁量は個々に任せられていながらも、大事なところで的確なアドバイスがもらえるところも働きやすさの一つですね。

代理店の方に「NURO Biz」を扱うメリットを感じていただければ、自然とその先のお客様へと広げていただけます。そのため、代理店の方々にメリットを感じていただけるような仕組みづくりが目下の課題です。そして「NURO Biz」を能動的に拡販していただける代理店様を増やしていくことが目標ですね。代理店の方へ的確なサポートを行うためにも、関係値を構築しながら代理店様が取り扱われているサービスについての知識も深めていきたいです。

板橋さん

※所属や社歴はインタビュー取材当時の内容です。