ニュースリリース2013年

  1. ホーム
  2. HOME
  3. ニュース・プレスリリース
  4. ニュース・プレスリリース(2013年)
  5. 『NURO Biz』におけるIPv6インターネット接続対応開始について

2013.09.30

プレスリリース

『NURO Biz』におけるIPv6インターネット接続対応開始について

報道関係者各位
ソネットビジネスアソシエイツ株式会社

ソネットビジネスアソシエイツ株式会社(以下SBA) は、法人向けICTソリューションサービス『NURO Biz(ニューロ・ビズ)』において、IPv6によるインターネット接続の対応を、2013年10月1日より、順次開始いたします。

「NURO Biz」 IPv6インターネット接続対応 概要

表はスライドできます

「NURO Biz」 IPv6インターネット接続対応 概要
■対象サービス: 法人向けインターネット接続サービス『NURO アクセス』
■対応内容: 従来のIPv4アドレスによるインターネット接続に加えて、IPv6アドレスでの接続も可能とするIPv4/IPv6デュアルスタック方式(*1)に対応します。 また、IPv6アドレスの割り当て方法はDHCPv6-PD(*2)方式、プレフィックスサイズは「/56」にてご提供します。
■対応開始: 2013年10月1日 (火)
■対応完了: 2013年10月31日(木) 予定
■利用方法:

IPv6接続を利用するための新たな申込は不要です。
NUROアクセスをご契約中のお客様は、順次ご利用可能となります。

『NUROアクセスエントリー』
機器交換などは不要で、自動的にご利用可能となります。(*3)

『NUROアクセス スタンダード/プレミアム』
LAN1、LAN2ポートにそれぞれ別セグメントの動的なIPv6を割り当てます。
ご利用の際は、DHCPv6-PD対応のルータを別途ご用意ください。(*4)

■料金: 新たに加算される料金等はありません。
■サービス詳細: NUROアクセス エントリー: http://biz.nuro.jp/internet/entry/
NUROアクセス スタンダード: http://biz.nuro.jp/internet/standard/
NUROアクセス プレミアム: http://biz.nuro.jp/internet/premium/

IPv6割当方法の説明図

SBAは、引き続き、クラウド時代にふさわしい新しいインターネット環境の創造と、ビジネスを情報インフラの面から強力に支えるサービスの提供を目指してまいります。

(*1)デュアルスタック方式とは、IPv4とIPv6を両方利用するための技術です。本方式に対応したネットワーク機器はIPv4とIPv6のアドレスをそれぞれ持ち、IPv4機器と通信を行う際にはIPv4を利用し、IPv6対応機器と通信を行う際にはIPv6を使用することができます。
(*2)DHCPv6-PD(prefix delegation)とはDHCPv6の拡張の一種で、DHCPv6サーバよりクライアントに対し「プレフィックス」等を含めたIPの割り当てを行う方式となります。
(*3)IPv6アドレスをご利用にならない場合は、ONU(ホームゲートウェイタイプ)の取扱説明書をご参照の上、設定を変更してください。

  • ZTE社製 ONUをご利用のお客様:取扱説明書 P.35〜38をご参照ください。
  • ファーウェイ社製 ONUをご利用のお客様:取扱説明書 P.73〜75をご参照ください。

(*4)既にDHCPv6-PDに対応したルータをご利用中の場合、ルータのIPv6設定の状況をご確認のうえ、設定のON/OFFを行ってください。
(*5)エントリープランのプレフィックスサイズは「/64」です。

>本件に関するお問合せは こちら

PAGE TOP